マッドヒッピー・ビタミンCセラム(美容液)は、iHerb(アイハーブ)のレビューでも評価が高い人気の美容液です。
プチプラ価格なのに美肌効果は抜群!
その効果を詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

マッドヒッピー・ビタミンCセラムの効果

マッドヒッピー・ビタミンCセラムを1本使い終わって、私が一番実感したのは美白効果くすみ抜け透明感)と皮脂バランスが整ったこと。Tゾーンが油田な混合肌なのですが、暑い時期にさしかかっても鼻のアタマがアブラまみれ…のような悲劇がおきてません。

時々ピーリングも行っていましたが、炎症に近いピリピリ肌のときも刺激もなくダメージを癒してくれました。(※個人差があります。敏感肌で刺激を感じたというレビューもありますので敏感肌の方は要パッチテスト)

また日焼け止めを塗らずにうっかり外に出てしまったとき、まったく平気だったので「これってフェルラ酸の紫外線吸収作用?」と思い、調べてみたら紫外線吸収以外にもスゴイ効果のつまった成分でした。

ビタミンC(ビタミンC誘導体)とフェルラ酸の効果をメインに解説します。

ビタミンC(ビタミンC誘導体)

ビタミンCは内服(飲む)でもスゴイのですが、肌に対してもスゴイ効果を発揮します。
内服ではリプライセル・ビタミンCなどが有名です。

ところで化粧品に使うビタミンCはそのままでは安定性が低いため「ビタミンC誘導体」と分子の構造を変化させたものになります。
ビタミンCをそのまま肌につけても肌のバリア機能で肌の奥深くまで浸透しません。
その欠点を克服したのが「ビタミンC誘導体」です。

マッドヒッピー・ビタミンCセラムはリン酸アスコルビルリン酸という水溶性のビタミンC誘導体が配合されています。

マズイけど効果抜群!リプライセルビタミンCの効果(サプリメントのビタミンC、内服について解説)

 

ビタミンC誘導体の肌への効果

美白効果

  1. メラニンの生成を抑え抑制する効果
  2. メラニンの排出を促進する
  3. メラニンを還元する(メラニンの生成を遅らせたり、メラニンの色を薄くする)

美白効果のある化粧品成分は他にもありますが、ほとんどが「1.メラニンの生成を抑え抑制する効果」のみで、
2.3の効果があるのはビタミンCのみです。

シワ・たるみを防ぐ効果

ビタミンCにはコラーゲン生成を促す働きがあります(内服でも有名な効果です)。

コラーゲンは肌の弾力をつくる組織です。シワやニキビ跡を改善してくれます。

しかしコラーゲンはビタミンCの助けがないとうまく生成できません。

また、毛穴がしずく型に伸びた「たるみ毛穴」の主な原因はコラーゲン不足や劣化によるものなので、コツコツ塗り続けることで少しずつですが目立たなくなってきているように感じています。

毛穴

ビタミンCは皮脂分泌を抑える働きと、皮脂のバランスを整える働きがあります。

皮脂の過剰な分泌が抑えられバランスを整えることで、開きがちな毛穴の改善に力を発揮します。

黒ずみ毛穴にも!

詰まった皮脂が黒ずんでザラザラしている場合、ビタミンCが皮脂の分泌を抑える働きが黒ずみ毛穴を改善してくれます。

また黒ずみ毛穴の中にはメラニンで黒く見える場合もあります。

その場合でも、ビタミンCがメラニンを排出する働きで黒ずみが改善されます。

 

ニキビの予防・解消

ニキビの主な原因は、毛穴に詰まった皮脂によるものです。

ビタミンCは皮脂を抑える働きがあるため、ニキビ予防になります。

 



美白成分・フェルラ酸

あまり聞きなれない成分「フェルラ酸」。

フェルラ酸は植物の細胞壁などに含まれるポリフェノールの一種で強い抗酸化作用があります。米ぬかなどに含まれている成分です。

フェルラ酸の化粧品における効果は、美白効果紫外線吸収作用活性酸素除去作用です。

また医学でもがんの発症の抑制や血糖値の降下、血圧の降下などの作用や、アルツハイマー型認知症に有効な成分として認められていて、今後もっと注目が集まりそうです。

 

美白効果

メラニンの生成を抑制します。

詳しく解説すると、フェルラ酸はチロシンに構造が似ているため、メラニン色素をうみだすチロシナーゼという酸化酵素がフェルラ酸をチロシンと間違えてしまい効果が減るため、結果的に生み出されるメラニンが激減します。

つまり、シミのもとになるチロシンがメラニンに変化していく過程で、チロシンと似ているフェルラ酸が身代わりになってくれるので作りださせるメラニンの量が減るというわけです。

 

日焼け対策

フェルラ酸は紫外線を吸収する働きがあります。

最近ではフェルラ酸を配合した日焼け止めクリームなどもあり、植物由来の自然の紫外線吸収剤で、とてもお肌に優しい紫外線吸収剤です。

紫外線吸収剤というと、酸化チタンや酸化亜鉛のイメージが強いですが、フェルラ酸は自然の成分で、肌につけているという感覚や、つけた肌が白くなることもありません。

また、ビタミンCおよびビタミンEと一緒に使われると、紫外線防御効果をより高めることが実験で確認されています。

マッドヒッピービタミンCセラムはビタミンC・ビタミンEが配合されています。

 

アンチエイジング効果

肌老化の原因である活性酸素を除去する高い抗酸化作用があります。

 

フェルラ酸の安全性

食品添加物や医薬品に認可されている成分であり、化粧品配合上限内(10%)で使用する場合において、皮膚刺激性や毒性はほとんどないことから、安全性に問題のない成分と考えられています。

 

その他の成分

マッドヒッピービタミンCセラムの成分
(大豆中の活性物質):脱イオン水、 ビタミンC(リン酸アスコルビルリン酸)、安息香酸アルキル、植物性グリセリン、水、グリセリン、レブリン酸ナトリウム、アニス酸ナトリウム、 サルビアスレイレア、グレープフルーツ(シトラスグランディス)、ヒアルロン酸、アモルファスコンニャク根粉末、アロエベラ葉、 ビタミンE(トコトリエノール)、フェルラ酸、カミツレ花エキス(recutitaのマトリカリア)、フィチン酸ナトリウム、キサンタンガム、ヒドロキシエチルセルロース。(iHerb公式HPより)

ビタミンE(トコトリエノール)

強い抗酸化作用。

皮膚のアンチエイジング効果。

カミツレ花エキス

カモミールの花から抽出される成分です。Matricaria recutitaは学名。

ハーブティーで有名なカモミールですが、化粧品に配合される場合は、消炎作用、保湿作用、収れん作用、血行促進作用、紫外線による色素沈着抑制作用などがあります。

 

マッドヒッピーは有害な薬品、パラベン、合成着色料や香料無添加ですので安心して使えます。

マッドヒッピービタミンCセラムの使用感

トロミのある薄い黄色の液体です。

肌に塗るとサラっとした軽いテクスチャです。

中はスポイト状になっているので清潔な状態を保てます。使いたい分だけ出せるのも使いやすいポイントです。

 

香りはほのかな柑橘系の香りとフローラル系の香りです。

弱い香りで肌に伸ばすと香りはとんでしまうので、あまり気にならないです。

 

ただ保湿力はあまりないです。

肌につける順番は、

化粧水→マッドヒッピービタミンCセラム→乳液やクリーム

となります。

トロミのある水のようなテクスチャなので、油分のあるクリームの前に持ってきます。

 

量は30mlはいっています。

朝・晩ほぼ毎日塗って約2か月程度もちました。

美白や皮脂のバランスを整える他に、日中は日焼け防止に夜はアンチエイジングにと、マルチに美肌・美白効果を発揮してくれる1本です。

 

 

 

アイハーブ(iHerb)の割引クーポン入力済みリンク↓

にほんブログ村 美容ブログ iHerb生活へ

スポンサーリンク
おすすめの記事